青年海外協力隊神奈川県OB会のスタッフ日記です


by kocv
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

横浜フェスタ 報告

関係者のみなさま、および会員のみなさまへの報告

先週末はお疲れ様でした。
当日は天候に恵まれ、2日間で63000人の来場者があったそうです。

OB会ブースは、角ブースだったこともあり、壁5面を使って、デザイナー(婦人服、家政)の日下さんと伊藤さんの大活躍があって、色鮮やかなパタコンのポスターを何枚も貼り、協力隊のパネルとチャカラ、セミナーちらし、と飾りつけ、JICAから河野さんが旗を持ってきてくれて、とても賑やかなブースになりました。

常時3人は店番をしていただき、パタコン(揚げバナナ)も大盛況で、両日ともお昼の3時には売り切れました。OB会始まって以来(?)の行列のできる人気店でした。
f0183278_19174414.jpg

初の企画のセミナーは、とても分かりにくいところに会場がありましたが、20人の定員に12人とまずまずの集まりでした。特筆すべきなのは、中学生3人と高校生1人のグループで、神奈川県青少年協会海外派遣団(今夏ベトナム派遣)のみなさんが参加してくれたことです。彼らは熱心にメモを取り、活発に質問をしてくれました。畦地さんの色鮮やかなアフリカの写真を見ながら、井戸に対する質問や、森林再生事業に対する畦地さんの森に対する思いー森に触れることで大人もこどもも気持ちが豊かになるーということに対して、都会での緑についての質問、森の役割を痛感したという畦地さんの実家での洪水の話しに対する質問、など多感な思いをぶつけてくれました。
f0183278_1918158.jpg

パタコン終了後は、チャカラ(パナマのフェアトレード商品)を並べて、販売させていただきました。15点中9点も売れました。(内3点は霜村さんと畦地さんのご協力です)
ありがとうございました。
f0183278_19152523.jpg

その他にお手伝いしていただいたみなさま、どうもありがとうございました。西山さんは引越し途中で来ていただき、最後の最後までお世話になりました。
f0183278_19185440.jpg

吉永さん、青バナナ仕入れや仕込みの段階から、お疲れ様でした。
f0183278_19202084.jpg

田口さん、光田さん、高野さん、いつもありがとう。木村さん、最後までつきあってくださり、助かりました。若狭さん、パタコンの包み紙仕入れと郵送ありがとう。長谷川さん、いつもたくさん買っていただき、ありがたいです。

報告が遅くなりましたが、これからもどうぞよろしくお願いします。

中西雅美(6-3パナマ)

追伸

そうそう追加のエピソードとして、エクアドルのバナナを飾っていたこともあってか、ティーンエージャーの美人エクアドル女性がOB会ブースを訪ねてくれました。(写真みてね!私は引き立て役!?)
f0183278_1644618.jpg

彼女は、今年4月に日本に来て、まだ日本語がうまく話せないのですが、会場内ですれ違った人がパタコンを食べていて、思わず懐かしくて興奮して、「どこで買ったのですか?」と尋ねて、OB会ブースを探しあててきたそうなのです。

探しあてられたほうも嬉しくて、並んでいる客にわざと聞こえるようにスペイン語でおしゃべりして、彼女に宣伝の一役買ってもらいました。日本ではなかなか青バナナが手に入らなくて、エクアドル料理を披露できないと言っていました。吉永さんが入手した青バナナはとても貴重だったんですね。吉永さんの特殊な情報網(友人のコロンビア人から聞いたという)に感服しました!
[PR]
by kocv | 2008-11-04 19:23