青年海外協力隊神奈川県OB会のスタッフ日記です


by kocv
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

原発報道に関するお願い ~ 福島原発被災者から

福島の知人からのメールです。彼らの苦しみが言えるよう祈ると共に、彼らの気持ちがマスコミに届くよう願います。

---------------
しかし、日々、大変な状況です。
津波で流されてかろうじて助かった子供もやってきています。
津波だけだったら、地震だけだったら、本当に安心・安全を
提供できていると思います。

もうみんな、地震でおびえることはありまん。揺れても、眠れているようです。
今一番の恐怖は原発です。
ガソリンがないのにいつこの避難所を追い出されるのかという不安に
さいなまれています。
それをあおるのが、マスコミの報道のことです。
今回の原発の報道の仕方は、最悪です。
地元ラジオ局の放送は、被災者の立場に立ち良いです。寝ずにやっており頭が下
がりま
すが、TV報道は、最悪です。

何度も何度も繰り返し、原発の爆発を視覚的に提供しています。
いつの爆発かもはっきりさせないまま放映するので、被災者や支援者は、
まるで何度も爆発したかのように思ってしまうのです。
見せるなら、きちんと伝えないと、その都度被曝していることになってしまいます。
今は、ラジオは少なく、大型テレビがたくさんあるのです。
だから自然とその情報が優位になってしまいます。

避難所の人だけでなく、家で待避しいている人も同じです。
おそらく、現場で支援活動している人はいいけど、屋内避難している人も
ひどいトラウマになってしまいます。
TV報道は、他人事に感じます。
福島の人は、見捨てられていると心底思い始めています。
生殺し状態と言えます。
お笑いの番組の方が救われます。
どうか、どなたかこのことをマスコミに訴えて頂けないでしょうか。
お願いします。
---------------

光田大輔 11-3 SE ブータン
[PR]
by kocv | 2011-03-18 21:04